どこに行っても良くならない痛み・O脚の方は是非どうぞ!

首肩こり腰のつらさ・痛みあきらめる前に!

O脚矯正(DRT自然ゆらぎ整体)の説明・流れ

首肩こり・腰痛 K'sバランスのO脚矯正とは?

《O脚を放っておくと痛い目にあうかも。》

当院には沢山の膝関節症のお客様がいらっしゃいます。

沢山の膝の痛みの方を施術してきた経験から、
年齢の若いうちからO脚を矯正することがとても大切だと認識いたしました。
 
そして、背骨のずれを改善しつつO脚を矯正することにより、既存のカイロプラクティックや整体では改善する事が難しいO脚の根本問題を改善出来る当院独自のO脚矯正法をお客様にご提供しております。


年配者にたくさんいらっしゃる変形性膝関節症の多くの原因が、O脚だと言っても過言ではないと思います。


若い方には見た目も大切ですが、O脚は将来年をとったときに膝に負担が出る予備軍であると言えます。

 

思い当たる方は、早めの的確なO脚矯正をおすすめします。

施術初日での変化です。

 《膝の痛みの原因とは?》

 

変形性膝関節症のお客様は、膝の軟骨が磨り減ってます。
酷い場合は、骨と骨がぶつかっている場合もございます。
そうなる前の予防が大切なのです。

膝に水が溜まる事がございますか何故でしょう?


それは、膝に炎症が起きているからなのです。
その膝の炎症を改善しようとして、水が溜まって冷やしているのです。

ですから、多くのお客様がたまった水を抜いて悪化させてしまいます。


お医者様は、そのことは知っておられます。
ですから良心的なお医者様は、注射で水を抜くことはあまりしません。


でもお客様は、腫れているからと言って水を抜いてもらうと楽になり喜んでおられます。

いずれ痛みがひどくなるのにです。

確かに膝が曲がらないぐらいになってしまった時は、水を少し抜く事も有効です。


ですが、先ほど言ったように初期の水が溜まった状態では、その水を自然に無くす事が大切なのです。

多くの膝の痛みの原因は、内側の半月板(膝の軟骨)に負担がかかっていることです。


その過剰にかかっている負担を本来の状態に戻せば良いのです。

膝が痛いからと言って、膝に手当をしていても解決しません。


では、どうすれば良いのでしょうか?

 

《O脚も改善できて、膝が痛くならない施術があります。》

実は、一見膝と関係ないと思われている背骨の調整が必要で有効なのです。

車で例えるならアライメントですね。 


タイヤのCMでやってますけど、車の骨盤矯正ですね!


体の軸がぶれていては、そのブレがウィークポイントに出ます。


それが、膝、腰、肩、首、足、腕などに出現してくるのです。
 
ですので、直接痛いところばかり施術していても良くならないのです。


大切な事は全身のバランスをとる事なのです。

当院のDRT自然ゆらぎ整体のO脚矯正法は、
背骨を良い状態にする事が可能だから出来るのです。


他のO脚矯正法では、
そこまで無理すれば壊してしまうと思います。

それが、DRT自然ゆらぎ整体ではO脚矯正前に、背骨骨盤を良好な状態にします。


ですので、他のO脚矯正法では、


効果が出せなかった重症のO脚も劇的に良くなっているのが現状です。

K'sバランスのO脚矯正はDRT自然ゆらぎ整体(背骨の調整)ととっても相性がよく、
将来の膝痛予防として、美容目的としてどちらの目的にもかなうと思われます。

O脚レベルチェックとご相談は無料

O脚は膝を矯正するだけでは、根本は改善されないと私は思います。


ですからDRT自然ゆらぎ整体で背骨のずれをなくしつつ、
O脚と関係の深い外反母趾や偏平足も同時に
O脚の根本を改善出来る当院独自のO脚矯正法をご提供しております。

若い方は見た目も大切ですが、
20・30代のO脚は、
将来年をとったときに膝に負担が出る可能性が高い(変形性膝関節症などの辛い痛み)です。


それに容姿的にもスッキリ真っ直ぐな両脚が良いですよね。


思い当たる方は、早めの的確なO脚矯正で美容効果と施術効果の二つを手に入れてください。

カウンセリング(O脚のレベルチェック)は無料ですので遠慮なくご相談ください。


ただし予約制ですので、ご予約は電話でお気軽にどうぞ!

当院のO脚矯正は卒業されてからも、元には戻りません。

 

なぜか?
DRT自然ゆらぎ整体で背骨を調整しながら、O脚(X脚)を矯正するからです。

※「免責事項」すべての人への効果を保障するものではないこととご理解ください。
  施術による効果には個人差があります。

O脚の指標判定と予定終了回数の目安(セルフチェック方法)

O脚の状況や度合によって、K’sバランスでは、
以下の方法でレベル別けをさせていただきます。

直立してつま先を閉じ膝を完全に伸ばした状態で膝とふくらはぎを付ける様に力を入れます。その結果を5段階指標リストにまとめました。


5段階指標チェック(立位で指尖を閉じて行う。視線は正面に向ける)

両膝・両ふくらはぎが、左右付く状態 矯正必要なし

閉じようと意識すると、 膝もふくらはぎも付けることが出来る状態
予定回数10回以内  (週1・2回)

膝はしっかり付くが、ふくらはぎが付かない。  
予定回数20回以内 (週2回)

膝が微かに付くが、ふくらはぎが付かない。

予定回数30回以内 (週2回)

両膝・両ふくらはぎが、左右付けられない状態。

予定回数40回以内 (週2回)

※仮に、足指尖を60~90度開いてそれでも付かなかったら、
   かなり強いO脚ということになります。

※レベル5のかたでも、わずか数回で良くなっている方も沢山いらっしゃいます。
 今まで他院で良い効果が出なく諦めていた方も是非ご相談下さい!

 

※O脚は、実は外反母趾や偏平足とも関係が深く、
 お客様によっては外反母趾の痛みが軽減したとのご報告もいただいております。

施術の流れ

① O脚矯正が出来るかのチェック
DRT自然ゆらぎ整体の検査 + 膝の検査で、膝に痛みがあれば、その問題がDRT自然ゆらぎ整体で解消してからのO脚矯正になります。ご了承ください。
また、矯正前の状況確認のためご了解をいただき、両足の写真を撮らせていただきます。

 

② DRT自然ゆらぎ整体 + O脚矯正(DRT自然ゆらぎ整体独自の矯正法です)
※状態が悪い方ほど体の柔軟度もよくないようです。

 

③ 立位でチェック
足指尖を閉じて、膝・ふくらはぎを閉じて指標チェック。
(DRT自然ゆらぎ整体の調整だけでも力が入りやすくなって閉じ安くなる)
矯正後、効果の確認のため、再度写真を撮らせていただきます。

施術前

直立してつま先を閉じ膝を完全に伸ばした状態で膝とふくらはぎを付ける様に、お尻と内股に力を入れていただきます。
この状態でO脚レベル5なのがおわかり頂けますね。

施術後

膝はしっかり付くが、ふくらはぎが付かないレベル3になり、ふくらはぎの間隔もとても狭くなりました。
この状態を維持するためのエクササイズを行っていただきます。

O脚矯正を受ける時の決めごと

◆O脚矯正御来院時には、膝が見えるスパッツか短パンをご用意下さるようお 願い致します。

 

◆施術による効果には個人差があります。
 すべての人への効果を保障するものではないことをご理解ください。

 

◆膝に痛みがある場合は、まず当院の施術である程度その問題が、
 クリアになってから矯正施術に入りますことをご了承ください。

 

◆施術スケジュールを守っていただくこと。

 

◆施術時に指導するエクササイズを毎日実施すること。

 

◆施術間隔は概ね1週間に一回~二回程度です。
 (詳しくは5段階指標チェックの項目をご覧下さい)

 

◆所要時間は概ね40分程度です。

整体院K'sバランス

近鉄大阪線「法善寺」駅ホーム横で徒歩1分
JR大和路線「柏原」駅から徒歩15分 
駐車場1台あり 

施術時間:

平日      9:00~20:00
土曜日 9:00~13:00
予約制


土曜日  14:00~18:00

完全予約制

 

定休日:日・祝・水午後

●お取扱い業務:頭の痛さ、首・肩のつらさ、顎の痛み、腰がつらい(出産前後にも)坐骨神経に沿った痛み、椎間板ヘルニアの痛み、O脚X脚の悩み

しびれ、慢性的な症状などでお悩みの方

柔道整復師免許(国家資格) 
カイロプラクター 
​DRTマスターインストラクター
健康管理士一般指導員
ホームヘルパー2級
二級建築士(国家資格)