熱中症に強くなる身体作り!水よりも予防に役立つ対策とは?

おはようございます。

今日は熱中症の予防に役立つ意外な!?

知識をお伝えします。

これから増えてくる暑〜い日にぜひ思い出してくださいね。

今日の大阪の気温36°になる予想!

暑くなりそうですね〜。

南九州の梅雨は明け、

関西の梅雨明けは例年並みになりました。

京都祇園祭の宵山も終わり、

いよいよ夏本番!


この時期に多くみられる熱中症。

熱中症が多く発生するのは、

最高気温30℃以上、強い日差し、弱い風、高い湿度のような日です。

身体はそろそろ慣れてきましたが、

急に気温が上がったときはやはり注意が必要です。

屋外だけではなく、屋内でも発症しやすいですから

高齢者のいるご家庭では特に気をつけてくださいね。

熱中症の予防には、

実は!

常日頃から正しい姿勢を維持すること

が大切なんです!!

何故かというと、

姿勢が悪い方は、背骨のゆがみが見られます。

ということは、

身体全身への脳からの連絡の道(脊髄)が

何処かで邪魔されていることになっています。

すると、

脳からの健康命令が自律神経に滞りなく伝わらなくなってしまい

身体は基礎代謝のバランスをうまく制御しにくい状態になってしまうんです。

これが当たり前の状態になっちゃうと、

身体のコントロールが効かなくなり熱中症にかかりやすくなります。

だから正しい姿勢はとても大切なんです!

そして、もう一つ対処的予防には、

熱中症には、蒸し暑い時期こまめな水分補給を心がけることが大切です。

水やお茶か、

0.1~0.2%の薄い食塩水や倍以上に

薄めたスポーツドリンクなんか塩分を含んだ水分を摂ってください。

もし、めまいや手足のしびれ、こむら返りなど

熱中症ぽい感じの時は、

すずしい服装にして、

大血管が身体の表面近くを通る

関節の裏側辺りを軽く冷やすなどして、

涼しいところで身体を休めましょう。

まとめると、

熱中症にかかりにくい強い身体を作ることは、

常日頃から正しい姿勢を維持することを心がける

脳からの命令伝達システムがうまく作動する

健康命令が自律神経に滞りなく伝わる

基礎代謝能が正しく発現される

正しい姿勢=

熱中症予防の対策に、

水を飲むこと以上におおいに役立ち、

あなたの身体を猛暑の中でも

正常に維持する力の元になります。 長文になってしまいましたが、 今日も

お付合いいただきありがとうございました。

感謝いたします。

自然な心とカラダを取り戻す 整体師

黒川なおき

整骨院K’sバランス

〒582-0005

大阪府柏原市法善寺4-1-11

072-970-5876

https://www.ks-balance.jp

0回の閲覧

整体院K'sバランス

近鉄大阪線「法善寺」駅ホーム横で徒歩1分
JR大和路線「柏原」駅から徒歩15分 
駐車場1台あり 

施術時間:

平日      9:00~20:00
土曜日 9:00~13:00

 

土曜日  14:00~18:00

予約制

 

定休日:日・祝・水午後

●お取扱い業務:頭の痛さ、首・肩のつらさ、顎の痛み、腰がつらい(出産前後にも)坐骨神経に沿った痛み、椎間板ヘルニアの痛み、O脚X脚の悩み

しびれ、慢性的な症状などでお悩みの方

柔道整復師(国家資格) 
カイロプラクター 
​DRTマスターインストラクター
健康管理士一般指導員
ホームヘルパー2級
二級建築士(国家資格)