「心で感じ、伝えること」を志とする整体師がいます

おはようございます。

自然な心とカラダを取り戻す 整体師 黒川です。

こちらに訪れていただきありがとうございます。

72回目の終戦記念日の翌日に

息子と広島に行きました。

蒸し暑い曇天で、少し雨まじりのお天気でした。

今回の目的の一つである平和記念資料館に初めて訪れました。

2時間足らずの滞在時間なので、有意義に見学したいと思い

被爆体験伝承者の方に、

平和記念公園とあわせて詳しく案内していただきました。

唯一の被爆国に住みながら、

知らないことが多くあることを思い知りました。

中学生の修学旅行の時に訪れた長崎の平和記念公園は、

ただ見学し、思うところはあまりありませんでしたが、

歳を重ね50年ほど経ってから、

近代日本のあり方について学んでいるうちに、

東京に行くときは、靖国神社に参拝するようになっていました。

以前から、「いつかは、広島」と思っていたところ、この機会が訪れました。

よく下調べをして訪れましたが、

案内をしていただいて、もっと奥の深い現実味のあるお話を聞けたことに

とても感謝しています。

被爆体験伝承者の宮本さんがお生まれになったのは終戦後ですが、

周りの人達が体験したことを後生に伝える必要があると思い

現役を引退なさってからは、

ボランティアでがんばっておられます。

宮本さんは、

「資料や文献などは、たくさんあるので、取り寄せて、

いくらでも見ることができます。

わたしが、お伝えしたいことは、

ここへ来て、心で感じて欲しい」

ということを言われています。

ここ数年で、外国からの訪問者が増えたそうです。

中でも、欧米の方が多いように僕も思いました。

広島は地理的に、旅行の行程には入れにくい場所にあり、

外国旅行者は、そのために特別に広島に何泊かするそうです。

それだけ、

思い入れを持って資料館や平和公園に訪れている人が多いということです。

戦争は殺戮以外の何ものでもありません。

国と国との戦いですが、結局弱い市民が犠牲を強いられます。

原爆は最悪の殺戮兵器で、通常兵器はそうではないともいえませんが、

原爆は、果たして戦争の抑止力になるのでしょうか。

どうか、世界が戦争のない平和であることを祈るばかりです。

息子は大学で欧米言語科を専攻していますが、

彼には、ここで得た何か、ここで感じたことを、

日本以外の国の人に多く伝えて欲しいと思います。

ぼくは、

広島に来て、

「心で感じること」

「伝え続けることの尊さ大切さ」

を被爆体験伝承者の宮本さんに教わりました。

そして、医に関わる仕事 整体師をしている者として、

「医は仁術なり。人を救ふを以て志とすべし」(貝原益軒『養生訓』より)

をいつも心に刻み、

これからも、

お客様の痛みや悩みを心で感じ、

この知識や技術を伝え続けることに真摯に尽くしていく所存です。

自然な心体を取り戻す 整体師

黒川なおき

整骨院K’sバランス

〒582-0005

大阪府柏原市法善寺4-1-11

072-970-5876

https://www.ks-balance.jp

0回の閲覧0件のコメント