1日に大人が寝る時間は8時間がいいの?6時間がいいの?

柏原市の整骨院K’sバランスの黒川です。

ブログにいらしていただいてありがとうございます。

今日は寝ることの大切さについてのお話です。

横になって寝る時間(眠る時間ではありませんよ)を

「大人は1日で合計8時間以上」とることをオススメします。

さらにベストとしては、

「仰向け」で、しかも「枕なし」がよろしいかと思います。

何故かというと、

人は立って活動する動物です。

立っていると身体には各部位ごとに1G以上の地球の重力がかかってきます。

身体を水平に横たえることで頭から足にかけて1Gの重力を、

まんべんなくかかることになります。

そのおかげで、背骨の骨髄で血液をつくる活動が正常に行われますし、

そして何より一生休まずに働いている心臓の負担を減らすことも出来ます。

それは、1分間に800ccの血量を必要とする脳へ、

横に寝ることで心臓に負担なく楽に血液を運べるからということもあります。

そうなると新鮮な血液が脳へ行き渡り、豊富な酸素と栄養を取り込めるからです。

お分かりですね。

寝ることは、「質より量」、時間が大切なのです。

さあ。寝て「骨休め」を実行し身体の健康を保ちましょう。

ありがとうございます。 感謝いたします。

心とからだを自然に戻す整体 整骨院K’sバランス 〒582-0005 大阪府柏原市法善寺4-1-11 072-970-5876

https://www.ks-balance.jp

0回の閲覧0件のコメント