米国では抗がん剤は使用禁止だと思っていました

「自然な心体を取り戻し、自分らしさを発揮したい」

そのお手伝いをする柏原のK’sバランス黒川直輝です。

アメリカは今では抗がん剤使用を禁止していると聞き、

そう信じていましたがそうではないようです。


ある情報では、

先進国で日本だけが癌死亡率が増大傾向にある。

実はこれも統計上のトリックでそう見えるようにされています。

だからアメリカはがん保険の販売規制を日本に緩めるように押してきたそうです。

なのでがん保険の需要が世界の70%以上を締めているそうです。

そして癌の抗がん剤のリスクが高いということで

米国では抗癌剤治療が禁止されていると情報を鵜呑みにしていました。

FDA(米国食品医薬品局)という薬の承認をする機関では、

抗がん剤を禁止しているという嘘がwebで流され、

よく調べることをせずに信じていました。

ところが、米国では今でも多くの患者さんの子供から高齢者まで

全ての年代の人が抗がん剤治療を行い、

抗がん剤の副作用と戦いながら、命をかけてがんと闘っています。

日本ではお医者さん本人とその家族には抗がん剤は使っていない。

と聞いていましたがこれも真実味がありません。

抗がん剤には辛い副作用もあります。

現時点では理想的な治療ではないのは確かです。しかし、

がんという難しい病気を治すためには、

まだまだ使わないといけない方法かもしれないのです。

【参考資料:http://satoru-blog.com/archives/326?subscribe=success#blog_subscription-2】

カラダ全体の健康のこと。

知っているとためになることを綴っています。

詳しく知りたいなという方は、

無料メルマガ「自然健康教室」に登録してください。

ライン@に登録をお願いします。

K’sバランスのホームページへどうぞ

3回の閲覧0件のコメント