低体温症を改善すれば、免疫疾患を改善しダイエットを成功させる

おはようございます。

自然な心とカラダを取り戻す 整体師 黒川です。

今日も訪れていただきありがとうございます。

早速こんなことを言ってしまいます。

低体温な人は、健康なのでしょうか。

それは、

ダイエットしたい方にもいい条件ではありません。

アレルギーの女性の患者様がいらっしゃいます。

この方の平常の体温は36.0℃ を割っています。

でもこの方は、内科的な病気にもかかっていないし、

そもそもここにいらしたのは、慢性の肩こりでした。

毎年季節におこるイネ科の植物が原因の

軽い鼻炎性アレルギーなのが、検査の結果わかりました。

ですので、

低体温のことはあまり気にしておられない様子です。

じつは、、

体温が低いことによる免疫機能の低下によるアレルギー症なのですが・・・

私たちは哺乳類ヒト科の動物です。

その特徴は体温の恒温性にあります。

36.0℃~36.5℃を維持できて、

初めて全身の細胞60兆個が正常(自然)に機能するのです。

何故だと思われますか?

身体の細胞は、

ある程度の熱エネルギーがないと

細胞を維持するために必要なエネルギーを生み出す

ATP(アデノシン三リン酸)という

化学物質が産生できないのです。

(例えば、

火力発電所には、燃料の重油や石炭(熱エネルギー)がないと電力を生む

蒸気を発生させる火(ATP)がおこせない。)ということ

そうなると、細胞の活動エネルギー減少し、

身体の新陳代謝がうまく機能しなくなり、

低体温になります。

すると、細胞の抵抗力がさがり、

免疫機能が低下し、

身体中にばい菌がまき散らされることになります。

アレルギーは免疫機能の異常からくる反応です。

だから健康でいるためには前述の体温

36.0℃~36.5℃以上の熱エネルギーが必要なわけです。

身体を冷やす原因には先のブログでも申しましたように、

「口呼吸」や「冷たいもの中毒」「睡眠」

もありますのでその項を読んでみてくださいね。

これから、ダイエットのお話にもつながっていきますが、

ATPを生み出す細胞は主に身体を動かす筋肉にあります。

だから筋肉量の減少は、

ATPをつくる量が減り、生み出される熱エネルギーが減り、体温の低下につながります。

すると、

基礎代謝量が減少し免疫力の低下へということになります。

ここで、

健康なダイエットを実現するためには、

筋肉量を減らさず、

体温36℃以上の維持がとても大切です。

今回はちょっと複雑なお話でしたね。

ごめんなさい。

あなたは低体温ではありませんか。

もしそうかなぁ~と思われたなら、

普段のライフスタイルから見直してみてください。

きっと、改善できるはずです。

わからない時は、ぼくに聞いてみてくださいね。

少なくとも36.5℃以上の体温が自然な体の状態です。

昔は自然な体が当たり前でしたが、今はしっかり意識をしないと不自然な状態が当たり前になってしまっています・・・。

そこで自然健康教室では

『自然な体を取り戻す』ための色々な考え方をお伝えしています。

メール受講版は無料です。

「え!?そうなの?」

というお話もお届けしているので是非、自然で本来の健康を手に入れるために活用(実践)してくださいね。

こちらのページからどうぞ!

自然健康教室

https://www.ks-balance.jp/lp

0回の閲覧

整体院K'sバランス

近鉄大阪線「法善寺」駅ホーム横で徒歩1分
JR大和路線「柏原」駅から徒歩15分 
駐車場1台あり 

施術時間:

平日      9:00~20:00
土曜日 9:00~13:00

 

土曜日  14:00~18:00

予約制

 

定休日:日・祝・水午後

●お取扱い業務:頭の痛さ、首・肩のつらさ、顎の痛み、腰がつらい(出産前後にも)坐骨神経に沿った痛み、椎間板ヘルニアの痛み、O脚X脚の悩み

しびれ、慢性的な症状などでお悩みの方

柔道整復師(国家資格) 
カイロプラクター 
​DRTマスターインストラクター
健康管理士一般指導員
ホームヘルパー2級
二級建築士(国家資格)